« 行ってきます | トップページ | 手術前夜 »

2011年6月 5日 (日)

還りました

 本日、退院しました。

 元気です。

 ブログをご覧になってくださった方、ご心配をおかけしました。

 5月27日に、肺の摘出手術を受けました。術中に腫瘤を生検した結果、がん細胞は見つかりませんでした。腫瘤は(結核の仲間である)非定型抗酸菌によるものだろうとのことですが、正確なことは数週間後に確定します。

 肺がんの場合と同じ肺葉切除の手術を受けたので、傷口は傷みますが、がんではなかったことに心から安堵しました。

 と同時に、がんではないのになぜ肺の10%を切除せざるをえなかったのか、その意味を考えています。

 しばらく実家で静養しながら、手術のこと、11日間の入院のことなど書いてゆきます。

Dsc00824ss                                    手術の翌日

« 行ってきます | トップページ | 手術前夜 »

コメント

よかったです。
ほっとしました。

ありがとうございます。
ご心配おかけしました。

ありがたく読ませていただいております。先日妹がCT検査で肺に影が見つかったことで、いろいろと調べてここにたどり着いたのです。よく見たら、小林さんの片仮名の署名はお名前の中国語読みですね。ご健康をお祈りしております。

小趙さま、コメントをありがとうございます。
妹さんのこと心配ですね。
病気の実態がわかるまで、辛い日々だと思います。
CTでは治療の必要のない影も見つかってしまうということですから、慎重にかつ十分に検査をされることを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行ってきます | トップページ | 手術前夜 »