« 心の整理 | トップページ | 「自然へ祈る」 »

2011年7月28日 (木)

ランニング再開!

 手術から2ヶ月が過ぎた。
 肺の手術の場合、3ヶ月ほどで傷の影響がなくなると聞いていたので、3ヶ月目にはもとの体力に戻すことを目ざして、この間リハビリを続けてきた。
 退院後すぐに毎日の散歩を始めて、1ヶ月を過ぎたころからは息が上るような運動も意識的にやった。けれども鼓動が少し早くなると、胸のなかを小さな針で刺されるような痛みを感じて、ランニングの再開にはなかなか踏みきれなかった。

 7月8日(手術から1ヶ月半)に、長男のあさひがかよう保育園で七夕の笹流しがあり、写真を撮る人が足りないというので参加した。リハビリがてらのんびり撮ろうと考えていたが、カメラをもつとやる気がでるもので、一眼レフ2台を首からぶら下げて歩きまわり、汗だくになりながら1000枚以上の写真を撮った。走ることはできなかったが、体はいつのまにか動くようになっていたことを実感した。
 このとき、もうひとつ嬉しいことがあった。
 子どもたちは短冊に「およげますように」とか、「うちゅうに いけますように」など、思い思いの願いごとを書くわけだが、あさひが書いた願いはこうだった。
 「とうさんのきずが はやくなおりますように」
 それを知って胸が熱くなった。やりたいことや欲しいものではなく、父親の傷が治ることが一番の願いごとだったとは。彼の円形脱毛症はまだ治っていない。早くもとの体に戻らなければと、つよく思った。

 それから3日後の朝のこと。
 いつものように、保育園のバスが迎えに来る場所まであさひを見送りに行った。その日はたまたま機嫌が悪くて、バスに乗りたくないと泣きながらいうので、仕方なくいっしょにバスへ乗りこんだ。そして、無意識にあさひをだきあげて席へ座らせた。
 その後、泣いている子どもを乗せてバスはいつも通り出発したのだが、よく考えると、あさひをだきあげたのは手術後初めてのことだった。0歳の次男はだっこしていたが、17キロの長男を持ちあげるのは控えていた。久しぶりにだきあげたあさひは少し重くなっていたが、僕の傷はほとんど痛まなかった。傷が治りつつあることを感じた。
 その日の夕方、保育園から帰ってきたあさひに、「朝、だっこできたよな」というと、恥ずかしそうに飛びついてきた。今度は、力いっぱいだきあげた。あさひは足をばたばたさせて、体いっぱいに喜びを表現していた。
 良かった。涙がでそうになる。
 あさひの願いに、一歩近づくことができた。
 すてきな七夕をありがとう。

Img_1860s

 その翌週は、多忙な1週間となった。
 7日間のうちに、1泊2日の行事が3回連続したのだ。
 普段の体調なら忙しいなと思う程度だが、まだ傷の癒えていない体である。途中で体が動かなくならないようにと、慎重にのぞんだ。
 行事の1つ目は、アメリカから帰ってきている妹家族や両親との温泉旅行。手術後初めてプールに入って、少し泳いだ。調子にのって潜水をしたら、肺がチクチクと痛んだ。

 2つ目は、京都でのプロジェクト報告会。昨年12月に行ったインドの祭礼調査の報告をした。
 調査を終えてから半年以上たつのだが、その間に次男の誕生、東日本大震災、そして手術と重なり、調査の整理らしいことはほとんどできていなかった。そのため前日の準備は徹夜になり、一睡もせずに京都へ向かうことになった。
 何とか報告を終えて、2次会も顔をだし、その晩ビジネスホテルでようやく寝ることができた。
 翌朝、新幹線で帰宅する。新横浜駅のホームを歩いて、手術直後の激痛を思いだしながら、徹夜で京都を往復できるまでに戻ったんだとしみじみ思った、

 3つ目は、水戸で茶馬古道の講演会。紅茶館を主宰する方が毎年のように呼んでくださり、紅茶を学ぶ生徒さんの前で話をするのだ。
 前日に水戸へ入る。福島や宮城に近い町だが、震災後4ヵ月半たったこのときは、以前とあまり変わらないように見えた。しかし話を聞くと、水戸駅周辺でも建物が傾いたり住めなくなったりと、地震の影響がけっこうあったという。駅前通りのアスファルトも、波打っているところが多かった。
 前日に行ったのは、いつも懇親会を開いてくださるからだ。おいしい料理をいただきながら、震災やお茶の汚染の話をした。
 最近の神奈川や東京では、震災は遠いところの出来事という感覚が少なからずあるが、ここ水戸ではみな被災者に近い思いを持っているようだった。家の壁が崩れたり地震の影響で体調を崩したりと、多くの人が直接間接に被害を被っているからだろう。その分、みなの気持ちがひとつになっているような印象があった。僕も早く体を治して、被災地へ行かねばならないと思う。
 この晩は、料理とともにおいしいワインをいただいた。じつは手術後1ヶ月目にがんではないとわかってから、ビールを少しずつ飲むようになっている。だが、ワインを飲むのは初めてだった。断るわけにはいかないと言い訳して、数杯いただく。前日はあまり眠れなかったこともあり、気持ちよく酔いがまわる。こんなことでも、体の回復を実感した。

 翌日の午前中に、2時間半の講演をおこなった。2時間もしゃべり続けると息苦しくなることもあったが、40名以上の参加者は熱心に聞いてくださった。質疑応答も活発で、手応えがあった。多忙なスケジュールにはなったが、話しをさせてもらってよかったと心から思った。
 今回はもちろん仕事として報酬をいただいた。手術後に仕事らしい仕事をするのは初めてだった。久しぶりの充実感とともに、1週間を乗りきれたという満足感を覚えながら、水戸をあとにした。

_igp3681rawms

 そして、ちょうど2ヶ月目の昨日、満を持してランニングを再開した。
 普段は20分で走るコースを、30分かけてゆっくり走った。最初に息が上がってくるときは肺がチクチクしたが、慣れてくると違和感は消えていった。早歩きでは出ないような、心地よい汗をかいた。

 3ヶ月目には、手術前と同じペースで走ることが目標だ。一歩ずつ着実に、もとの体に戻してゆきたい。
 もし順調に回復できれば、そのときは、さらに次の目標も既に考えている。

« 心の整理 | トップページ | 「自然へ祈る」 »

コメント

「前へ前へ」を拝読しました。
手術後のお体がだんだんよくなっていくのがわかり、とても嬉しく思いました。
京都での報告会、水戸での講演、そしてトレーニング開始・・・。心から応援しています。
今後もこのページを拝見していきたいと思います。

だるさま

コメントをありがとうございます。
明日で手術から3ヶ月になります。
この日が近づくと、腫瘤が見つかってからの、底なしの沼に引きずり込まれてゆくような恐ろしさと、手術直後の激痛を思いだします。
ですが、体は少しずつ回復しています。
先日は、長男を肩車できるまでになって、ふたりで喜びました。
次の取材なども考えつつありますが、あせらず過ごしてゆきたいと思います。

こんにちは。肺がんを疑われて(しかも95㌫以上)手術をされてからもお3年になられるのですね。
先日(5月9日)に主人が肺がん ステージ3と言われ、毎日毎日ネットで肺がんを調べていました。
心が壊れそうなくらい嫌なことしか書いてありませんでした。
そんなとき、「前へ前へ」のブログを発見し読ませていただきました。
まさに、肺がん発見?から告知まであまりに似ていて不思議な気分でした。
そして、今まさに主人が同じように気持ちが行ったり来たりしているのだろうな・・・と思いました。

何の症状も無くCT検査で影が見つかり、(4月18日)
PET検査では肺リンパ(心臓側)に転移していると言われ・・・
転移の場所が悪いから手術も出来ないと言われました。

16日に入院し生研をした後、どの型の癌かがわかったら治療方法を決めるそうです。
ネットによると、抗がん剤しか無いようですが・・・

今日も(2014年5月15日現在も)主人は全く症状が無く元気で食欲も旺盛です。
本当にこの人が癌なのかしら・・・と思ってしまいます。

この1ヶ月毎日泣いてばかりでした。
私がしっかりしなきゃ・・・わかっては居ますが
主人の何気ない仕草や寝顔を見るといつの間にか涙が出てしまっています。
毎日毎日、今主人が元気で一緒に居られていることに感謝し・・・嬉しくて泣いてしまいます。

癌という恐ろしい病気にかかってしまったショックは本当に計り知れませんが、
それと同時に普段の何気ないことに、心から感謝や喜びを発見出来る日々を送っています。

とはいえ、16日の生研の結果が出るまでは、100㌫癌だということではありません。
95㌫以上癌です。と言われた今も、かすかな可能性を信じています。

一つ気になることがあります。お時間があればお答えいただけると幸いです。

「原発病巣から リンパに転移している」と言われたのはPET検査による医師の判断でしたよね?
リンパに近いところも、画像では光っていたと言うことだと思うのですが、

原発病巣=肉芽腫  では転移していると判断された画像の光っていた部分はなんだったのでしょうか?

突然の訪問、そしてぶしつけな質問どうかお許しください。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の整理 | トップページ | 「自然へ祈る」 »